• Keiichi Tominaga

テニス肘 30代 男性

来院当初は右肘が痛くてテニスができず、左腕でテニスをされていましたが、鍼によるパルス(低周波電気)治療、お灸、サボリ筋トレーニングでグングンと改善せれた患者様です。週2〜3回、1ヶ月の施術で殆ど痛みが無くなりました。ご本人の治療に対する積極的な姿勢も改善を早めたと思います。当院へ来る前はいろんな治療院に行ったが治らず、諦めて左腕でテニスをしていたそうです。テニス肘は肩の関節可動域にも注意が必要です。この患者様もそうでしたが、肩の可動域に制限がある方は肘や手首に負担がかかるので痛めやすくなっています。なので肘の痛みの治療と共に肩の関節の可動域の改善もしていかないと肘の痛みが一旦は改善しても再発しますので注意が必要です。現在、この患者様はバリバリにテニスを右腕でされていて、定期的に当院へメンテナンスに来ていただいています。肘痛でお悩みの方は是非、一度、ご来院ください。




閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示